黒字経営にするために

コーヒー

近年はカフェが増えてきていますが、これはフランチャイズや大手企業ばかりではなく、個人でお店を開いて成功している人もいますので、あまりお金がない人でも開業の希望を持つことができます。しかし、開業したおよそ8割のお店は3年以内に倒産してしまうことになるため、安易にお店を出すべきではありません。そこで、安全策としてコンサルタントを利用してお店を開く方法があります。コンサルタントを利用する目的は、早い段階で赤字から抜け出し黒字に転換をすることです。これにより、もうかるお店を作ることができるかもしれません。コンサルタントを選ぶ場合には、カフェに関して専門的な知識を持っている人がよいでしょう。現状の業界を把握しているだけでなく、経験があればほかのお店に勝ち抜いていくだけの知識を提供してくれるにちがいありません。

あまり在庫を抱えることがない

カフェの開業が人気の理由の一つは、物販などと少し異なり在庫を抱えることがあまりないことです。物販の場合は、事前に大量に商品を仕入れてから販売をしてきますが、うまくいかなかった場合大量の在庫を抱えることになります。在庫を自体がそれほど金銭的な負担になっていなければよいですが、家電などある程度高いものを在庫として抱えてしまう場合は、負担が大きくなるでしょう。しかも、置き場所などを考えると余計にお金がかかってしまう可能性が高いです。この点カフェの場合には多少在庫は必要かもしれませんが、そこまで広いスペースも必要ないだけでなく、お客さんが来なかったとしても賃料と人件費さえ気にしていれば赤字で苦しむことはそれほどありません。

飲食店の中でも初期費用が安い

飲食店は、初期費用が高いことで知られています。例えば、ファミリーレストランなどを開く場合には、ある程度店舗の大きさが必要なだけでなく、人件費もかかってしまいます。そして、大きな冷蔵庫や冷凍庫それ以外にも店の改装費用などを含めると初期費用だけで3000万円を超えることは珍しくありません。これがフランチャイズの場合だと、そこに権利金などが上乗せされることになり、それ以上の負担になることが考えられます。これに対して、カフェを開業する場合には、お店のスペースは小さくても特に問題はありません。お店が小さいことを個性として売り出す方法もあります。例えば、会員制にしておき隠れ家的なお店にするパターンなどです。面積が小さいと、賃料なども少なくて住むだけでなく、人件費もあまりかからないでしょう。うまくいけば、他人を雇わずに夫婦だけでやっていくことも不可能ではありません。

広告募集中